読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の動き

日常

マストドン

いくつかアカウントつくったけど、結局niu.moeとmastodon.cloudの2つのアカウントをメインで使っている。というよりもこれ以上メイン垢を増やすと時間がいくら合っても足りない。

積極的に英語でのコミュニケーションをとる用。あまり規模も大きくなくタイムラインもゆっくりなので落ち着ける。

 

日本語の頭悪いお祭り用。高速ローカルタイムラインで2chみたいな雰囲気を楽しんでる。

 

あと、Twitterのやつを若干転用してマストドンも見ようとしてる。アクセストークンの取得でコケてしまって無駄に時間かかった(リクエストヘッダーのContent-Typeの指定がなかったからっぽい)。飽きない範囲でやってみる。

 

イカ

勢いで交換用のWiiUゲームパッドを買ってしまった。送料込みで14,000円ほど。2ヶ月ぶりくらい?にやった気がするけど、勝てないし変なやつ多いしでイライラしてる。相変わらずカーボンローラーが嫌いすぎるので、野良で出会ったカーボン使いを問答無用でブロックする治療法を発見した。早く心を鎮めて2に移行したい。

 

ゼルダ

とりあえずハイラルを走り回っていたのだけど、シーカータワーを全部起動させたところでなんか達成感が出てしまった。神獣まだ3つしかクリアしてないけど、気が向いたらやってく、くらいの気持ちで。

 

アニメ

Amazonプライムで配信されてる正解するカドを観てる。GWに楽園追放を観ようかしらと考え中。

 

VR

とりあえず細かいところを調整して一度紹介動画をつくってVRクリエイティブアワードに応募してみた。まあ一次審査通過したらラッキーくらいな感じで。

これからも気になるところの改修を進めつつ、ライブラリが対応できてないStreamAPIの勉強をやろうと思う。あと、上記のマストドンみたいな感じでTwitter以外のサービスもVR上でできるように。そうすればもう現実世界に帰ってこなくてすむ。

 

寿司

f:id:toruyy:20170423213225j:plain

両親が東京キたので家族で寿司食った。人の金で食う寿司は美味い。

 

 

マストドンとSAOと動画とタイムライン(VRでTwitter 進捗記録⑥)

VR

進捗です。

 

今週の過ごし方

マストドン

今週、ご存知のマストドンでかなり時間が吸い取られていった。

4/11にmastodon.cloudに登録してから、SNS黎明期のオープン感を楽しみ、日本版鯖を立ち上げようとする学生を応援したり、そこから数日のうちに発生したPawoo.netに端を発する異なる文化間のコンテンツ保持に関する問題を眺めるなど、本当に刺激的な一週間弱だった。(パオる、牙生えるみたいなマストドン文化にはあんまり興味ない)

個人的にはマストドンにはかなり好感と期待を持っている。細かくは書かないけど、どうしても商業主義に侵されてしまうTwitterへのカウンターフォースとしての期待もある(そのぶん、寄付等は惜しまないつもりでいる)し、オープンソースの分散型ネットワークというものに対してインターネットの理想と未来を感じているところが大きい(自分はにわかインターネットユーザーなので)。人類を確実に進歩させているプロジェクトだと思うんだけど、いかんせん大衆がついてこれずにただのお祭りになってしまっている感はある。これが過ぎた後の景色がどうなるのかが非常に気になる。

 

SAO観た

VRの話をしているのに恥ずかしながらSAOをまだ観たことがなかった。アニメ1期がPrimeビデオで観れるので一通り観たけど、たしかにVRの未来を考える上での教科書って感じだ。ストーリーとして突っ込みどころはいくらでもあるけど、これは教科書なのでごちゃごちゃ言っても始まらない。最後のザ・シードなんかまさにマストドンの目指す姿なのでは?と思って感慨深さを感じた。

「空を飛べる」ことでゲームの人気が出る、というのはなかなか象徴的だなと思った。

 

今週の進捗

メニュー表示

SAOでキリトくんがメニュー出してるのを見て「オレも出したい!」と思って出せるようにした。

こういうのをつけると、何かの機能の配置場所に困ったらとりあえずここに置いとけ、みたいなことになりかねないけど、そこは鉄の意志でなんとかしたい。

 

タイムラインの遡り

はじめにAPI1発の制限ギリギリである200件のツイートを取得しておき、それを数十件ずつ表示するようにした。いちど古いのを表示すると新しいのは上に行ってしまって戻ってこれないのだけど、どういうUIが一番いいのかよくわかってない。Oculus Storeみたいな画面切り替えはちょっとアレだしなあ。

あと、タイムラインをリロードしない限り新しいツイートを読み込めない、という問題もある。StreamAPIも対応してないし、このあたりは抜本的な解決が望まれる。

 

複数画像・動画付きツイートの表示

JsonUtility用のクラスを拡充してextended_entitiesを取得できるようにした。それに伴いUnityを5.6にアップデートし、VideoPlayerで動画を表示できるようにした。使い方に慣れればラクチンですね。
あと、複数画像付のツイートはとりあえず横にだらーっと並べているだけなんだけど、これはちょっと見た目をどうにかしたいなーという気持ちがある。拡大も一枚ごとじゃなくて、どれかを拡大したら全部拡大される方がいいのでは、という気もする。

 

これから

VRクリエーティブアワードの応募締め切りが4/25なので、それまでは細かい調整をしつつ来週の土日に紹介動画を作る予定。
あとはそれ以降にデザインとかがんばろうー、というのと、マストドンのAPI仕様を勉強してマストドンにも展開したい。

音声入力でのツイートとVR空間のいじくり(VRでTwitter 進捗記録⑤)

VR

進捗定期報告です。

 

音声入力でのツイート

Google Speech APIを使ってひとまずツイートすることができた。Unity公式アセットにSpeech-to-Textというのがあって、それを使えば良いのかもしれないのだけど、中身理解しないままにライブラリ使うのもアレだなと思って、これを参考にしつつもいちおう自分で書いた。いちおう上手くいってよかった。

ただ今回、「喋る→録音止める→音声認識開始→音声認識終了→文字列返却→ツイート」という同期的な流れなのだけど、できればここでお試しできるみたいな感じで喋ってるうちにガンガン認識結果が返ってきてほしい。Google Speech APIのStream API使えばだけなんだけど、Speech-to-Textのソース見る限り、外部プログラム叩いてたりして今の自分にはムリそうなので、どっかのタイミングで諦めていったんSpeech-to-Textを一部組み込むかも。

あとは喋ってる最中にちゃんと録音中だよ、みたいな波形出したりとかマイクアイコンつけたりとかそういうの。とりあえず最低目標の達成はできた。

 

背景画像の設定

画像つきツイートがあったときはそのツイートの横に画像を表示するのだけど、その中から気に入ったのがあればそれをVR空間上の背景的に表示できるようにしようかなと考えている。上の動画だとあんまりどうなってるのかわからないけど、もうちょっとデカく表示すれば勢い出るんじゃないか。

まだアップデートしてないけど、Unity5.6ではVideoPlayerがなんかいい感じらしいので、動画付きツイートの動画を引っ張ってきて同じように表示できたり色々できたら楽しくなるんじゃないかと思っている。せっかくのVRだし、神になりたい。

 

これから考えなければならないこと

見た目

逃げ続けてるけど、そろそろ考えないといけない。サマーウォーズのOZみたいなのにしたいけど、こういうのも気になってる。

 

タイムラインを遡る処理

現状、タイムライン30件表示してそれより古いのは見れないのだけど、そのへんの処理をどうしようかなと。あとTwitterのStreamAPI対応もなあ。。VRクリエイティブアワード出すに当たってはひとまず古いタイムラインを出すのは頑張るくらいかも。

最近の自分の家の机事情

先日注文してた椅子が届いて、今年入ってから改造していた作業環境が一通り揃った。ので、なんとなく使ってるものたちを書く。

 

f:id:toruyy:20170408135442j:plain

f:id:toruyy:20170408135512j:plain

 

fantoni GT(ファントーニGT)|インテリア・オフィス家具通販 Garage(ガラージ)

ネットで見て「カッチョいいな」と思ってそのまま購入してしまった。幅1600mm×奥行き710mm。

Oculus Touchで遊ぶには少なくとも幅1500mmくらい必要だなーと思っていて、そのサイズ感で良い机がないか探していた。最初はニトリとか最悪楽天でもいいかと思って探してたんだけど、幅1500とか1800とかになってくると、そのへんに売ってるのはホントに事務机みたいな感じのものしかなかった。正直それを家に置きたくはないな、と思ってちょっと価格帯上げて良さげ家具屋のサイト見たところ、こんなのがあったので衝動買いに近い勢いで買ってしまった。

特に実物を見たりせずに買ってしまったのだけど、サイズ感もちょうどいいし、シンプルで使いやすい。前使ってた机が奥行き550mmだったので、15cmほど深くなったのだけど、これがまたいい感じにスペースが使えるので予想外に良かった。

 

椅子

ネットチェア×PUチェア ハイバック ブラック REC-128AX-BK

ネットチェア×PUチェア ハイバック ブラック REC-128AX-BK

 

ヨドバシに置いてたので座って決めた。

もともとは普通のダイニングチェアみたいなの使ってて、それでいいかとおもってたけど、やはり最近机でコード書くことが増えたので、楽に座れる椅子がほしいなと思って探していた。

会社でハーマンミラーのセイルチェアを使っているのでそれにしようかとも思ったのだけど、ヨドバシでこれを見つけて座ってみたら頭まで支えてくれることの心地よさが気に入ってしまった。値段もセイルチェアの半額以下だし。

これで作業も捗るし、Switchを手持ちでプレイするのもラクにできる。

 

モニタ

これを2つ並べてる。画面の広さは正義だと思っているので、机が許す範囲でいちばん広く使えるように。ベゼルの狭さが好き。

 

キーボード

HHKBの日本語配列。無刻印にするほどガチな人ではないが、やっぱり使ってて気持ちがいい。家ではWindows、会社でMac、両方HHKBに繋いでいる人間なので、若干キー配置をいじっている。

 

マウス

マイクロソフト マウス ワイヤレス/小型 ブルー Sculpt Mobile Mouse 43U-00038

マイクロソフト マウス ワイヤレス/小型 ブルー Sculpt Mobile Mouse 43U-00038

 

マイクロソフトの無線マウス。このシリーズ、安くて小さい割に持ち心地がよくてずっと使ってるけど、手汗がひどいのか1,2年使うと表面がべろべろになってくる。もし良いのがあったら乗り換える。

 

ダンボー

机の必需品

 

食卓塩 100G

食卓塩 100G

 

作業机が食卓を兼ねているため必要

 

鼻セレブ

ネピア 鼻セレブ ティシュ 400枚(200組)×3個パック

ネピア 鼻セレブ ティシュ 400枚(200組)×3個パック

 

日本男児たるもの、ティッシュはケチってはいかん。

画像表示と音声入力(VRでTwitter 進捗記録④)

VR

進捗記録。前回と書いてること一緒だけど、3月後半がやたら仕事立て込んでた。あとハイラル走り回ってたこともあり、進捗は薄い。

 

画像表示

ツイートに画像がついていた場合、それを表示するようにした。画像をタッチすると大きく表示される。絵師さんが描いた可愛い女の子が目の前に等身大で表示されたりして非常にテンションが上がる。

ただ問題がいくつかあって、

  • ひとつのツイートに画像が複数ある場合も一枚しか表示されない。
  • 動画であっても静止画で表示される

原因はだいたいわかっていて、TwitterAPIのレスポンスの中でentitiesを使っているのだけど、複数画像や動画を処理したい場合はextended_entitiesを使わなければならないっぽい。そのあたりの仕様がまだ把握しきれてないので、おいおいやっていく。

 

音声でツイート

GoogleのCloud Speech APIを使ってマイク音声を文字列に変換してそれをTwitterに投げる、ということを試みているけど、文字列への変換がまだうまくいっていない。

Unityでオーディオを扱ったことがないし、そもそもオーディオに関する知識が皆無(サンプル?チャンネルって何?ってレベル)なので、そこから勉強しないといけないので時間がかかっている。

  1. マイク入力を受け取る
  2. マイク入力をGoogleAPIに投げられる形式に変換する
  3. GoogleAPIに投げる
  4. 変換された文字列を受け取る

という4ステップなんだけど、エラーが起きる。1はうまくいっているので、2か3でミスってるはずだけど、オーディオ詳しくないこともあって原因の切り分けが難しい。調べながらおいおいやっていく。たぶんどこかで諦めてteratailかどこかで誰かに聞く。

 

タッチのやりかた

いままで見ないようにしていたけど、現在は「ある物体に触れた状態でTouchControllerのボタンを押すと、その物体にアタッチされたアクションを発火する」という仕様でやっていたけど、それだとどうしても「複数の物体に同時に触れた時」に誤作動が起きてしまう。そのためには「TouchControllerのボタンを押したときに触れている物体のうち、一番近い物体にアタッチされているアクションを発火する」という仕様にする必要がある。

まあ世に出す時には絶対にやらなきゃいけない処理なんだけど、めんどくさいので今はいったん放置する。

 

スケジュール的に

夏までになんらかの形に、と思っていたけど、4月25日締め切りでVRクリエイティブアワードとかいう賞があることを知ってしまったので、そこの個人部門に応募できるように頑張ろうと思っている。受賞できるとは思っていないが、なにかと外的要因を作らないとエタってしまいそうで怖いので。とりあえず手元で動くくらいには形にして、紹介動画をつくる、というところまで今月中に頑張りたい。

 

2017年2月3月に読んだマンガ

本読んだ > マンガ

定期ログです。


新刊読んだやつを入れると数が多いので、新しく読み始めたシリーズに限る。

順序は個人的に良かった順。と言っても全体的にどれも同じくらい面白くて、あまり順位が意味をなしていない。

 

幼女戦記

幼女戦記(1)<幼女戦記> (角川コミックス・エース)

幼女戦記(1)<幼女戦記> (角川コミックス・エース)

 

既刊3巻、進行中。ライトノベルのコミカライズ。なぜかファンタジーの世界で幼女に生まれ変わったサラリーマンが、人事業務を行っていた社会人生活で培ったスキルを活かして軍隊の中を出世しようと頑張る話。原作はかなりグダグダした進み方であんまり自分には合わなかったのだけど、マンガはテンポもよくてなかなか読みやすい。あんがいコミカルな描写もあるし、いい感じ。

 

ヴィンランド・サガ

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンコミックス)

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンコミックス)

 

既刊18巻、進行中。プラネテス描いた作者の作品。どういうストーリーなのか説明しづらいのでWikipediaから引用する。

11世紀初頭の北ヨーロッパ及びその周辺を舞台に繰り広げられる、当時世界を席巻していヴァイキングたちの生き様を描いた時代漫画である。

 - Wikipedia

 先の幼女戦記もそうだけど、こういう戦記物が好みなんだと思う。幼女戦記と違ってこちらのほうが一人ひとりのキャラがたってて読み応えはある。

 

魔法使いの嫁

魔法使いの嫁 1 (コミックブレイド)

魔法使いの嫁 1 (コミックブレイド)

 

既刊7巻、進行中。人身売買(?)でオークションに出された少女が本物の魔法使いに買われて、その弟子、もしくは嫁になる話。最後どう収束していくのかわからんけど、微妙なファンタジー感がよい。絵がめちゃ綺麗。

 

竜と勇者と配達人

竜と勇者と配達人 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

竜と勇者と配達人 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 既刊1巻、進行中。ファンタジーの世界で郵便局に務める主人公があっちこっちに配達に出かける話。雰囲気としてはダンジョン飯に近くて、ファンタジーの世界を妙にリアルに描くとこんな感じ、みたいな。絵の感じはFFタクティクスみたいな感じなのかな。結構こういう絵柄と世界観のマッチングが好きな人多いと思う。

 

亜人ちゃんは語りたい

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤングマガジンコミックス)

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 既刊4巻、進行中。ラブコメ。良い。

 

映像研には手を出すな

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

 

 既刊1巻、進行中。高校に入学したアニメ好きの女子高生が映像研なるサークルを立ち上げてアニメ制作に取り組む話。作者の趣味全開って感じの内容で、まずその高校が沢田マンションというかなんというか入り組んだ作りをした構造でフェチにはたまらん。こんな高校に通いたかった。さらに主人公が「設定画を作り込んでそこから話を作っていく」タイプのアニメ描きで、マンガの中にも設定の話が細かく出てくる。そういうのが好きな人にはめっちゃ良いかも。フキダシにパースついてたりする描き方も面白い。

 

ぼくらのよあけ

ぼくらのよあけ(1) (アフタヌーンコミックス)

ぼくらのよあけ(1) (アフタヌーンコミックス)

 

全2巻、完結。オートボットと呼ばれる、コミュニケーションをとることができる家庭用小型ロボットが普及し始めている未来。主人公の少年「ゆうま」とその家のオートボット「ナナコ」とのふれあいの話。ストーリー展開的には宇宙船の話とかいろいろあるんだけど、全体を通して主題としてはゆうまとナナコの話なんだと思う。わりとあっさりめではあるけど、この手の話はさっぱりしてるほうが良いのかもしれない。中身には関係ないけど、表紙がなぜかすごい好きでジャケ買いした。

 

五時間目の戦争

【電子版】五時間目の戦争(1)<五時間目の戦争> (角川コミックス・エース)

【電子版】五時間目の戦争(1)<五時間目の戦争> (角川コミックス・エース)

 

全4巻、完結。正体不明の敵と日本が戦争を始めて5年。舞台は瀬戸内海の田舎の島の中学校。ある日突然時間割の金曜五時間目に「戦争」が追加され、毎週数人ずつ本土に出兵に行くことになった、という話。雰囲気としては「ぼくらの」に近いけど、あっちのほうが話としてはもっとエグい感じで、こちらはわりとさっぱりしている。全体的によくわからんまま終わった感はあるし、若干表紙詐欺(別に制服&銃器で女の子がサバイバルする話ではない)もあるけど、嫌いではない。

いろんな生

突然ですが、「生」という漢字を見た時、何と読みますか?

僕は「なま」と読んでしまうんです。

 

わかります。「せい」とも「き」とも読めるし、送り仮名がつけば「いきる」「うまれる」など様々な読み方があるでしょう。ですが私は自然と「なま」と読んでしまう。世間ではどの読み方が最も勢力が強いんでしょうね。

 

ところで、「なま」っていろんな意味がありますよね。

 

「なま」と聞いてまっさきに思い浮かぶのは生ビールなんですが、この「なま」は「加熱処理をしていない状態」を指しています。「生肉」とか「生牡蠣」とか「生ニンニク」とか、食物・飲料の接頭語として「なま」が使用される場合、その意味合いで使われるようです。

20代男性的には生ビールといい勝負ですぐに思い浮かぶのがセックスにおける「なま」だと思いますが、これは「何も装着していない状態」を指しています、たぶん。ただしセックス以外でこの使われ方をしているのを見たことがないので、もっと限定的に「避妊具を装着していない状態」と表現してもよいかもしれません。

ほかだと、「生放送」とか「生演奏」がありますが、この2つは微妙に違う意味合いです。前者が「異時的ではなくリアルタイムで」という意味合いである一方、後者は「テレビやラジオ、インターネットなどの媒体を介さず直接目の前で」という意味合いで、どちらかというと後者は距離的な文脈のように思われます。演奏はiTunes(ひいてはスピーカーやモニター)などの媒体を介して体験するのが基本であり、それを直接目の前で体験することの特別感が「生演奏」という言葉には感じられます。

あと、[ユーザーの生の声」なんて言ったりもしますね。これは「ありのままの」みたいな意味合いです(「広告や調査などを通さないありのままの」ととらえると先ほどの「生演奏」と似たような意味合いかもしれません)。

 

気になっているのが、「生キムタク見た!」みたいな「なま」についてです。(キムタクって死語?)

いつもテレビに出ているキムタクが実は加熱処理されたものである可能性は否定できませんが、現実的に考えると「生演奏」とかと同様「キムタクが目の前にいる」ことを表現していると思います。芸能人はテレビとか雑誌とかで多少美化されて表現されているのが基本で、眼の前にいることは特別な状態なのでしょう。

しかしそれとは別に「本物のキムタクである」ということの表現であるのではないでしょうか。この2つは似ているようで微妙に違う。たとえばドラマの収録現場でキムタクが何かセリフを言っているのを見たとします。ある意味これは「生キムタク」です。けどこのキムタクは何というか、加熱処理されたというか、偽物のキムタクっぽく感じてしまうんです。本当のキムタクではなく、演じているその役の方ではなかろうかと。

 

こう考えてみると、これまでの「なま」はすべて「本物である」という意味合いであるように思えてきました。加熱処理していないビールこそが本物のビールであり、だからみんな「生2つ」とか言って当然のように注文します。金銭的時間的都合によりネットで聴くことが多いけど、コンサートホールに行って聴くのが本物の演奏を聴くということだ、とも思えます。避妊具をつけたセックスなんて本当のセックスじゃない!

 

そうすると「本物」の定義が必要になってきます。何をもって本物と呼ぶかは時と場合により変わります。いま、レコードで聴く音楽は「本物」でしょうか。電子ピアノから流れる音は「本物」のピアノの音でしょうか。いま、テレビにかぶりついてリアルタイムで番組を観ることが「本物」の放送を享受することなのでしょうか。外で飲む缶ビール、美味しくないですか?もしかして、0.01mmの避妊具をつけたセックスは「本物」なんでしょうか?

 

本物の「キムタク」はどこにいるのでしょうか。SMAP解散のときのあの5人の映像に映っていたキムタクは本物のキムタクなんでしょうか。「キムタク」が本当の名前なのかどうかもしれません。いや、キムタクは略語なので、「木村拓哉」が本当の彼の名前なのかもわかりません。そもそも「本当の名前」とはなんなんでしょうか?もしかすると「木村拓哉」とは、名前のわからない彼が作り出した「キャラクター」なのではないでしょうか?

 

 

「本物」の自分はどこにいるのでしょうか?